昔遊び人だった彼氏とつきあった不安【体験談】

以前に女遊びが激しかったり、モテていた男性を彼氏に持った女性は、不安がつきまとう事が多いかもしれません。

今回は、昔遊び人だった彼氏とつきあって不安でいっぱいになった体験談となります。

昔女遊びが激しかった彼氏に不安でいっぱいに

彼は若い頃、有名なナンパスポットでナンパを繰り返したり、居酒屋で働いているときは女性を口説いたり言葉巧みに女の人と関わるような人でした。

そんな彼はモテるので、自分が本命であっても他の女性と遊んでいるんじゃないかとか、本当は私が遊ばれているんじゃないか、など不安でたまらなくて、私の彼氏への束縛はどんどんエスカレートしていきました。

束縛は執着と依存心を生み、二人にとって窮屈な心の距離感を作り出してしまいました。

彼氏の浮気を心配しすぎてもあまり意味がなかった

私が試みたことは、嘘をつかれても信じきるという決意をしました。それほど、私は彼に夢中でもう信じれなくて疑い続けるのも疲れきってしまって、精神がもたなくなったころに信じる力が沸いてきました。

どんな言葉も敢えて鵜呑みにして、それが彼の本音だと信じて彼を心の底から信じきるようにしました。

そしたらなんだか彼も喜んでくれるようになり、優しく接してくれるようになりました。

疑いや不安は自分のなかで勝手に作られてた妄想かもしれないと考えて、彼を真っ直ぐ愛することにしました。

スポンサーリンク

遊び人だった彼を信じると決めた結果

結果、関係はとても良好になり二人の仲はとても良くなりました。自分の中の不安やモヤモヤも消えて、真っ直ぐな好きという気持ちだけで突っ走ることが出来た恋愛になりました。

自分のなかでは純愛をしているような気分になるほどです。

頭の片隅には男なんてどこかで浮気しているという不安も多少残っていましたが、二人の関係も修復できたし笑顔が増えたし、良い方向へ向かって行きました。

信じることは当たり前のように感じますが難しいことです。でも、覚悟を決めて信じてから明るい方向へ進みました。

相手を信じることは自分を信じること

最終的には彼とは別れる事になりました。後に知人から大量の彼からの嘘を聞かされました。端から見たら「遊び人の男に騙されていた女」に映るかもしれません。

しかし、それでも相手を信じきった自分を誇りに思えたし、裏切られても悪くない気がしました。

もし私と同じように男性を信じることが出来なくて疑心暗鬼に一人でなっているならば、安心して信じきってください。

結果がどうであろうとも、信じて損は無いし、救われることの方が多いです。

好きという気持ちがあるならば、嘘さえも心から信じてあげてみてください。彼なりの優しい嘘で、あなたのことを愛してくれてるからこその嘘なのです。

嘘なんて許せないと思うかもしれませんが人間は複雑な気持ちを持ってます。その人なりに悩んだ結果の言葉だと思うのですだから、彼を長い目で待ち、信じて着いていって、自分の好きという気持ちに正直になりましょう。 (ゆーーんちゃ)

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。